読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バラエティで済ませていいかという話

平気で乗り遅れるニュースネタ。今回は早めに記事を書くことにしたい。

lineblog.me

lineblog.me

lineblog.me

話を要約すると、大阪で行われたキングコング西野亮廣を中心とした絵本「えんとつ町のプペル」の展示『えんとつ町のプペル  光る絵本展inイオンモール鉄砲町』が大阪で開催され、その際行われたテレビ番組のインタビュー時、ディレクターの態度が悪く途中で帰ってしまったという話。

西野氏はイジりとイジメについてと、バラエティ番組としてこれまで幾度となく議論されていることについて書いているが、個人的には別の視点で思ってしまったことがある。

それは、今回西野氏にインタビューを行ったテレビ番組がバラエティ番組ではなく地方の情報番組であったこと。

今回は大阪のよみうりテレビで放送されている「朝生ワイド す・またん!」(北海道では「どさんこワイド朝」にあたるだろう)での取材だったようで、吉本興業のお膝元であり「キングコング西野だったらこの質問でいいんじゃね?」という驕りがあったのではないかと思う。

バラエティ番組だったらお笑い芸人というジャンルで済む話なのだが、今回は地方のローカル番組である。特に平日の夕方各局がしのぎを削ってローカル番組を放送されている北海道だって他人事では無いだろう。

今回のような出来事が無いとは思うが、取材相手に対して雑な扱いや編集になっていないだろうか。それにより信頼感を失っていないだろうか。今回の件で昨年、息子の不祥事による会見を行った高畑淳子に失礼な質問を行った大村正樹氏が以前北海道で夕方の情報番組の司会を担当していたことを思い出した。北海道にいたときの評判はどうだったのだろうかと。

ローカル番組で起こった出来事だからこそ、バラエティ番組のイジりという議論で済ませていい話では無いと思ってしまう。今回の件は「キングコング西野」というジャンルであるかどうか問わず、制作陣は考える部分であるのではと感じた次第である。

 

 

ちなみに、余談になるが「す・またん!」制作局のよみうりテレビと同じ系列のSTVだが、「どさんこワイド」や「日高晤郎ショー」での驕りがたたり、迷走に入ろうとしている(特にラジオは危ういのではないかと思っている)だろう。特にラジオはSTV派の自分だったので、頑張って欲しいと思っている。