読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画からアーティストを知ることか

アナと雪の女王」を途中から見ていると気になって当日中にブログを更新できなさそうなので、テレビのある居間にパソコンを持ち込んでブログ更新中。

 

アナと雪の女王」のオラフの吹き替えをピエール瀧が担当しているが、アナ雪公開当時オラフをきっかけとして電気グルーヴにハマった人たちがどれだけいたか、衝撃的なものが多からずあっただろう。そう思った時あるひとつの出来事が脳裏をよぎった。

 

natalie.mu

5月26日に公開される映画「美しい星」に平沢進が自身の楽曲「金星」を提供する。

 

「金星」はP-MODELの凍結後ソロに転向した平沢が1989年に発表したアルバム「時空の水」の収録曲。同曲は2010年に発売されたリメイクアルバム「変弦自在」にも収められている。劇中で「金星」は、若葉竜也が演じる竹宮薫と樋井明日香が演じるイズミの2人によるストリートミュージシャンの持ち歌という設定で登場する。

平沢進で映画作品といえば今敏作品が連想されるが、彼が亡き今になり別の作品で平沢進の曲が楽曲提供という形で使用されるとは夢にも思っていなかった。

ただし、平沢進を知らない人が平沢進に興味を持った時どのような反応をするかが大変気になるところ。「金星」は比較的馴染みやすい曲なのだが、P-MODELを含めるとハードルの高い曲も少なくない。ちなみに「金星」が提供されるというニュースを知ったときに、Twitterで幾つか検索をしたところ、

 

#金星からヒラサワに入った初心者が最初にぶち当たる難題

 

というハッシュタグまで作られている始末である。

電気グルーヴから大きく話がそれてしまったが、平沢進が話題になるのかどうかが気になるところである。約8年前の「平沢唯じゃない」発言のように盛り上がるかどうか。そして、「けいおん!」からもう8年が経とうとしていることに驚きを隠せないでいる。